女性器の悩みからフリーになろう【婦人科形成①】

女性器の悩みからフリーになろう【婦人科形成①】

「ボディポジティブ」ーー太っている、やせているなど、体型の評価に惑わされることなく、自分のありのままの見た目を愛そうという考え方で、そこから体毛をはじめこれまで容姿においてマイナスとされていたことも肯定的にとらえようという動きが、SNSを中心に広まっています

けれど、そんな動きからも取り残されているように思えるのが「性器」です。みなさんは自分の性器を見たことがありますか? 自身の性器をどのようにとらえていますか?

「女性のためのセクシュアルウェルネス」をテーマに、さまざまな「性の専門家」をお招きし、性をもっと正しく、楽しく学べる場所を目指すYouTubeチャンネル「bda オーガニック|セクシュアルウェルネス塾」

今回のゲストは、美容外科医の奥村智子さん。婦人科形成術のスペシャリストでもあり、今年7月、東京・新宿に「ルクスクリニック」を開院されました。婦人科形成術とは、小陰唇や大陰唇、腟などのトラブルを手術によって解消するものです。これまで合計5,000例以上の症例を診てきたという奥村さんに、女性器の悩みとその解消法をうかがいました。

YouTube動画はこちらから。(下に記事が続きます)

聞き手&text=三浦ゆえ(ライター)

肌の状態が気になるとき友人に「最近、すごく乾燥しちゃって」とグチ半分、相談半分で聞いてもらうことはあるでしょう。髪に関しても「白髪が増えた」「クセがある」などの悩みを口にすることに抵抗を感じる人はあまりいないと思います。

しかし、「蒸れが気になる」「においが強いように感じる」といった性器のトラブルについて、周囲の人に気軽に相談できている人は少ないのではないでしょうか。

東京・新宿の「ルクスクリニック」院長、奥村智子さんはおそらく、女性器に関する悩みを日本で最も多く聞いているひとりであり、それを婦人科形成術によって解消に導くスペシャリストです。

奥村さんのもとにはどんな悩みを相談に訪れる女性が多いのでしょうか?

奥村:いちばん多い悩みは、小陰唇に関するものですね。小陰唇とは尿道口や腟を保護するヒダのようなもので、大陰唇の内側にあります。

個人差がとても大きくて、ほとんどない方やとても小さい方がいれば、下着からはみ出るほど肥大化している方もいて、そうなると座っているだけ、自転車に乗っているだけで、擦れたり押しつぶされたりして痛みが生じやすくなります。

日常生活に影響することであるにもかかわらず、どうしたら解消できるかを知らなければ、ただ我慢するしかない……。

奥村:さらに、見た目の問題もありますね。最近はアンダーヘアの脱毛がだいぶ一般的になってきて、Iライン=大陰唇の脱毛をしてはじめて、自分の小陰唇が大きいとか、黒ずんでいるとか、気になり出す方は多いです。

色についても本当に個人差が大きくて、生まれつきピンクの人もいますが、メラニンの量が多いと黒ずんだ感じに見えます。加えて、生理のときに生じるかぶれによって色素沈着が起きて濃くなることもあります。

肥大した小陰唇は、特に困ったことがなければそのままにしておいても問題ありませんが、気になる人は「小陰唇縮小術」で解消できると、奥村さんが解説してくれました。肥大した部分を切り落として縫うという、30分から1時間程度の簡単な手術によって、日常的な不快感からフリーになれるといいます。

また黒ずみに対しては、色を薄くするクリームがあるので継続的に塗布するほか、ピーリング、内服薬などの選択肢があります。

日本では女性が、みずからの身体の一部である性器にタブー感を持ちやすい環境にあるといえます。幼いころ無意識のうちに触れていると大人から怒られ、正しい洗い方を教わることなく、日ごろはまるで「ないもの」として振る舞うことを求められます。

しかし”デリケートゾーン”といわれることもあるように繊細で、だからこそ性器はトラブルが起きやすいもの。それなのに人に相談することははばかられ、悩みは共有されることがありません。その結果、ほかの人は性器の悩みなどないように思えて、「私がおかしいのでは」「恥ずかしい」と自分自身を責めてしまう……。

奥村:実際、「このくらい、たいしたことない」「我慢できる」と長年気にしないよう努めていた、でもふとしたときにインターネットで「女性器、痛み」「デリケートゾーン、かゆみ」といった言葉で検索して、私のクリニックを知ったという方はとても多いですね。

自分の性器を一度も見たことないがために、大陰唇と小陰唇を勘違いしてる方もいらっしゃるくらいですから、自身でその不快感の原因を特定するのはむずかしいと思います。お悩み解消のためのいちばんの近道は、専門家に相談することですね。

性器の悩みというと、産婦人科を思い浮かべる人もいるでしょう。親身になって相談に乗ってくれ、解消のための具体策を提示してくれる産婦人科医もいる一方で、小陰唇の痛みなどは「特に問題がない」といわれてしまうことも多いといいます。

奥村:小陰唇が肥大していても色素沈着があっても、それは病気ではありません。だから問題ナシといわれるわけですが、ご本人は痛みがあったり、気になってパートナーとのセックスを愉しめなかったりして、QOLが確実に低下しています。

そんなときは私に相談していただければ、それが平均なのかどうか、解消した方がいいのかどうか、という基準をお話することができます。たとえば小陰唇の幅は、8割の人が2センチ以内。それ以上ある方は手術で2センチ以内にカットしてあげると、痛みが出にくくなります。

でもなかには、とても小さいのに「自分の小陰唇は肥大している」と思い込んでいたり、色素が薄いのに「黒ずんでいる」と悩まれたりしている方もいます。私が「問題ない」といえば、問題ないんだと自信を持っていただきたいですね。

顔かたちや体型と同じく、女性器にも「正解」はありません。そこには個人差があり、それが個性にもなります。正解ではないのかもしれないと悩むよりも「自分が快適かどうか」を大事にしてほしいと奥村さんは語ります。

奥村:痛みや不快感は、我慢してなくてもいいんです。婦人科形成で解消できる悩みがあるということだけでも広く知られてほしいですね。クリニックで相談される方は、悩んでいた年月がほんとうに長くて「手術を受けたい!」と心を決めていらっしゃいますが、初診のときに「はじめまして、どういったお悩みですか」とうかがっても、ためらわれるんですね。

性器のことについて話すことに、タブー感があるのだと実感します。そんなときは、世間話のようなところからはじめて、信頼関係を築き、そのうえで「誰にでもある悩みですよね」ということをお伝えします。

~編集後記~

私も、性器のトラブルでは悩んできたほうだと思います。ネットなどを通してポルノ作品にふれるようになり、そこで目にしたほかの女性の性器と自分のそれとを比べて「私のはヘンなんだ!」と思ったものです。

女性の身体には「やせているほうがいい」「バストは大きいほうがいい」「目は二重が断然いい」など、メディアによって作られたコンプレックスが多々ありますが、性器も例外ではないということです。

蒸れやかゆみにも、ずいぶん悩まされてきました。特に困るのは、生理中。経血量が多かったのも一因ですが、毎月繰り返されるとなると、自分の身体を好きになりようもありません。

そこで試みたのが、VIO脱毛です。ブラジリアンワックス、医療レーザー脱毛などいくつかの方法を試しました。アンダーヘアをなくすだけで、蒸れやかゆみ、においも大幅に軽減されました。

不快感は、耐えているだけでは解消しません。奥村さんのもとに相談にこられる女性は、アクションを起こした女性たちです。自分で決めて、行動し、不快感を解消したあかつきには、単にQOL(人生の質)が上がるというだけでなく、自分の身体に肯定的になれるはずです。

pagetop