セックスの〈技〉はコミュニケーションにあり 〜AV男優・森林原人 vol.2〜

セックスの〈技〉はコミュニケーションにあり 〜AV男優・森林原人 vol.2〜

「女性のためのセクシュアルウェルネス」をテーマに、さまざまな「性の専門家」をお招きし、性をもっと正しく、楽しく学べる場所を目指すYouTubeチャンネル「bda オーガニック|セクシュアルウェルネス塾」

今回のゲストは、AV男優の森林原人さん。キャリア20年超のベテランであるだけでなく、最近では雑誌やwebメディア、講演活動などをとおして、正しい性情報の発信にも力を入れていらっしゃいます。

「セックスで大事な心・技・体」についておうかがいする全3回のうち、〈技〉についてお話をうかがったvol.2の模様を、動画未収録分をまじえながらダイジェストでお届けします。(vol1の記事はこちら

YouTube動画はこちらから。(下に記事が続きます)

聞き手&text=三浦ゆえ(ライター)

はみ出したセックスはいけないこと?

森林:具体的に”技”の話をする前に知っておいてほしいのが、現代の日本で生きている僕たちは、恋愛、結婚、セックスを三位一体で考えがちだということです。

そこから、結婚したらセックスしなきゃいけない、逆にセックスするならつき合ってなきゃいけない、という思い込みにつながっていく。この考え方は根深くて、それこそが正解であり、いちばんの幸せなんだと思っている人がい多いけど、実はそんなことないんですよ。

そこからはみ出たセックスを、”よくないセックス”だと考える。でも、それって本当にいけないことですか? そこを疑い、考え直す視点を持ったうえで、技の話を聞いてもらえたらなと思います。

三浦:わかりました。コミュニケーションの技として、女性が困っているひとつに、「痛い」「つらい」あるいは「したくない」を伝えたら、男性はまるで自分自身を否定されたように感じる……というものがあります。

森林:それは、多くの人が考えているセックスが、勃起・挿入・射精を絶対必要な条件とした、男性主導のセックスだからですよ。女性は、男性器に気を遣うしかない。「痛いといって彼が萎えたら、もうセックスできなくなるんじゃないか」とか。女性が自分の本音をいえなくなり、どんどんズレが生じていく。

三浦:「自分が我慢すればいい」「相手は喜んでいるんだから」という女性は多いですね。

森林:自己犠牲心を発揮して、それが愛だと思っている。この”愛”という概念も僕たちは植え付けられているんですよ。愛とは我慢だ、耐えることだと解釈します。そこに女性の……いえ、「あなたの」喜びはありますか? でも、気づきたくないんですよね。気づいちゃうといろいろなことが壊れるから。だから、三位一体の考え方に戻ってしまう。

セックスにおける技術とは本来、自分が楽しむために身につけるものですが、相手を喜ばせる技術を身につけようとしている人が多いです。

ふたつの“否定”を使い分けよう。

三浦:具体的に「痛い」ことをやめてもらうにはどうすれば?

森林:”行為の否定”と”関係の否定”を切り分けて伝える必要があります。「あなたがいまやっている激しい手の動きは、私にとって痛いからやめてほしい」ーーこれは行為”だけ”の否定です。同時に、「あなたとのセックスは続けたい」「仲よくしたい」と伝えれば、関係性は否定していないことになります。

男性も、行為を否定されることに対して慣れなきゃいけないんですよ。そうじゃないと「そうはいっても俺のこと嫌いなんだろう」「下手だと思っているんだ」と被害妄想が発動するんです。そんなときは、ひとりになって考える。相手がいったことを受け止め、自分で咀嚼していく時間が必要です。

三浦:セックスで問題が起きたとき「話し合おう」というアドバイスが多いですが、そうはいっても話せないという人が結構います。

森林:話し合うにしても、ベッドの上だけで完結させようとするとうまくいかないんですよ。日常生活ではまた違う立場かもしれませんし、リラックスしたところで話ができると関係性も気分も変わるでしょう。セックスを非日常的な空間、時間として切り分けないほうがいいです。

一方で、気持ちいいと感じたときも相手にフィードバックしたほうがいいですね。ただ、それを食べログ的にする人がいるんですよ。何点とか星3つとか(笑)。それよりも、気持ちよかったか、気持ちよくなかったか。幸せだったか、幸せじゃなかったか……これぐらいシンプルでいいんです。

これこそがコミュニケーションにおける”技”なのですが、それをやってもどうしても合わない場合は、”卒業”という選択肢も考えておいていいと思います。三位一体の考え方から開放されといると、「結婚しているけど、この人と合わないからセックスだけは卒業する」という選択肢が浮かんでくる。

伝えるときは、直球に素直に誠実に

三浦:セックスに限らず「伝えるのが苦手」という人に、森林さんはどんなアドバイスをされていますか?

森林:自分でコミュニケーションが苦手だと意識している人は、ハウツー本をいっぱい読んでいるんです。それでも小手先の技術がこれまで身につかなかったんだから、これからも身につかないですよ。直球に、素直に、誠実に伝えるほうがよほど重要です。

セックスも、「ちょっと休んでいかない?」と間接的に誘うんじゃなく、ちゃんと相手の目を見て、「あなたとしたい」と伝える。さらに、ちょっと笑いの要素も入れたほうがいいんです。僕のいちばんのオススメは、相手の目を見て「勃っちゃった」って。

三浦:あはは! たしかに笑っちゃいました(笑)。

森林:あくまでもデートで食事に行って、手をつなげるような関係での話ですよ。女性側は拒否したいなら笑いながら「勃っちゃったの? ふーん」と……それで会話は完結します。どちらも傷つかず、もしかしたら発展していく可能性も残ったまま、ただ「いまのタイミングじゃなかったよね」ということですから。

三浦:普段が誠実な人なら、それも誠実な態度として受け取ってもらえそうですね。

森林:そうなんですよ。僕が主催しているマッチングイベントでは、「手紙で相手に気持ちを伝える」という試みがあるんです。お互いに顔は見ないまま、手紙を読み、それを聞き、いいと思ったら「イエス」という。

いちばん人気があった手紙はこういうものでしたーー「僕はこういう仕事をしています。休日はこう過ごしています。あなたのことをまだよく知らないのですが、僕は自転車が趣味なので一緒にサイクリングするなどして、ゆっくり知り合っていけたらうれしいです」と。

男女とも「間」にロマンを感じる

森林:その人に、どういう気持ちで書いたかを訊いたら、「まず安心してほしかった」と返ってきました。「いきなり好きになってもらえるなんて思わない」「だから僕がこういう人間ですよって、安心してもらうところからのスタート」だといってましたね。

三浦:よく見せよう、じゃないんですね。相手のことを考えています。

森林:たぶん、彼はいっぱい傷ついてきたんだと思います。それで、いきなり好きになってもらえるという幻想からは目が覚めている。カップルになって帰りましたよ。

三浦:誠実さから一歩先に進んだ、ロマンチックなコミュニケーションについても教えてください!

森林:ずばり、間(ま)を恐れないことです。間があれば勝手に盛り上がるんですよ。目を見て、「…………」。これがふたりきりの空間だと、なんかドキッとして「ハッ、彼は私のことを?」となるんです。間を大切に生かす。長すぎると相手も戸惑うかもしれないので、バランスが大事です。

むずかしいと思われるかもしれませんが、実は僕たち、ドラマや映画で”グッと来る間”をさんざん目にしてきているんですよ。それを自分の体に落とし込めばいいんです。

〜編集後記〜

「手紙を読んで、その人となりを推し量り、交際を考える」というのは、まるで平安貴族のようですよね。手紙をもらう側も想像力を総動員して、その人の本質をキャッチしようとします。平安時代の男女は「顔を合わせる=セックスする関係になる」でした。手紙や文字から誠実さを感じなければ、その決断はできないでしょう。

カップル間でのセックスについての会話を、ベッドの上に限定しないというお話がありました。そのためには日ごろから性について話題にしておく習慣も外せないと思います。性の話をおおっぴらにしてはいけないという抑圧が強い日本では、それもむずかしく感じられるかもしれません。人前で「セックス」という語を口にできない人も少なくないですよね。けれど、ふだんセックスとは無縁のように振る舞っていながら、いきなりベッドの上では楽しもうというのは無理があると思います。

森林さんから「私たちはドラマや映画から“間”を学んでいる」というお話しがありました。同じく映画やドラマ、小説、漫画……など性に関するコンテンツは世の中に数え切れないほどあります。セックスシーンが描かれていなくてもいいんです。何をセクシーと思うか、何にどきどきするか。そうしたものをきっかけとして、まずは会話に慣れることからはじめてみてはいかがでしょうか。
(三浦ゆえ)

pagetop